2020年国勢調査について

カリフォルニア州民は、10年ごとに国勢調査に回答し、すべての住民の正確な人数を計上します。国勢調査により、私たちの州の代表議席の割り当てや、家族をサポートするために使われる重要なコミュニティサービスの資金が決定されます。

次回の国勢調査は2020年に行われます。すべてのカリフォルニア州民が、2020年国勢調査で正しく数えられ、財源が確保されるようご協力ください!

国勢調査に今日、回答しましょう

資金と権力

2020年国勢調査により、数十億ドルがカリフォルニア州でどのように分配されるかが決定されます。調査結果が実際の人口よりも少ないと、私たちの学校、医療サービス、保育、緊急サービスなどの、多くのプログラムの資金に影響を及ぼします

2020年国勢調査は只今実施中!回答方法はオンライン、電話、郵送の3つです。国勢調査は今後10年間のコミュニティーの財源確保につながります。国勢調査に回答しましょう。

安全で秘密を保護

2020年国勢調査は、カリフォルニアに住む誰もが持つ、確かな未来のためのチャンスです。心配はいりません。国勢調査の回答は安全に保たれます。2020年国勢調査の一部として収集された情報は、他の政府機関と共有されることはなく、いかなる方法でも回答者に対して利用されることはありません。

国勢調査開始

2020年3月12日:

国勢調査日です!

国勢調査票の送付

4月8日~30日:

はがきの再通知が郵送されます。

最終はがき送付

4月27日~5月9日:

調査員による訪問を実施する前に、最終の通知がはがきで郵送されます。

2020年国勢調査実施期間(オンライン、電話、または郵送)

4月~10月31日:

再通知と紙の調査票が郵送されます

2020年国政調査に回答してない世帯にスタッフが訪問

6月中旬:

2020年国勢調査に参加することで、私達の州および国の将来を作り上げる権力があります。これはコミュニティーを向上させるチャンスとなります。すべての州民の人数が計上されるよう一丸とならなければいけません。全州民が計上されればカリフォルニアは更に強くなります。

実施日程は変更する可能性があります。調整後の実施日程はこちらからご確認ください。USCB Adjusted Operational Timeline

2020年国勢調査実施期間

国勢調査の記入方法

あなたは2020年国勢調査への記入が義務付けられています。回答方法は3種類の中から選べます

お好きな方法を選んで、確実に調査票を記入しましょう!

By Computer Icon

オンラインで

今回初めて、オンラインで国勢調査に回答することが出来るようになりました。2020年国勢調査に回答しましょう。
国勢調査に今日、回答しましょう

Census By Phone - Phone Icon

電話で

2020年国勢調査の電話回答は13ヶ国語 に対応しています。また耳が不自由な方のための通信機器も利用可能です。

Census By Mail - Mail Icon

郵送で

紙の国勢調査票は英語とスペイン語で入手が可能です。アメリカ合衆国国勢調査局まで返送してください。

よくある質問

カリフォルニア州は、移民または市民権のステータスにかかわらず、すべての人を含める完全かつ正確な国勢調査に取り組んでいます。カリフォルニア州は他のどの州よりも多くのリソースを投入して、人々への働きかけと周知の取り組みが確実かつ効果的に行われるよう努めています。また、協力パートナーと共に連邦政府の取り組みを監視し、怖れや誤報を払拭し、すべてのカリフォルニア州民に合衆国法典第13編の保護下にあることを理解してもらえるよう努めています。

  • 州、郡、およびコミュニティへの連邦からの資金、助成金、および支援の一部は、人口に基づいています。
  • 移民ステータスに関係なく、すべての人が数えられることが大変重要です。あなたが国勢調査に回答することで、コミュニティは連邦資金の公平な分配を得ることができます。
  • 企業は国勢調査データを使用して、工場、事務所、店舗をどこに建設するかを決定するので、雇用創出につながります。
  • 住宅開発業者は国勢調査データを使用して新しい住宅を建設するので、近隣の活性化にもつながります。
  • 地方自治体は国勢調査データを使用して、公共の安全と緊急事態への備えを計画します。

大統領令により現行の法律で許可されている以上の情報共有が生じることはありません。あなたの情報は機密情報として保護されます。大統領令では、連邦および州の情報源から収集された情報を「特定の個人に対する移民執行措置をもたらすために使用することはできず、使用するべきではない」と定められています。

Everyone must respond to the Census. Regardless of immigration or citizenship status, all Californians have certain basic rights, and the U.S. Constitution mandates a complete count of all persons residing in the United States. It is crucial that all Californians are counted to ensure a fair distribution of resources.

When filling out the Census for your household, you should count everyone who is living in your home on April 1, 2020. Everyone is counted at the location they are either living at or spend most of their time on April 1, 2020.

It is important to remember to count any children who are living with you. This includes:

  • All children who live in your home, including foster children, grandchildren, nieces and nephews, and the children of friends (even if they are living with you temporarily).
  • Children who split their time between homes, if they are living with you on April 1, 2020.
  • Newborn babies, even those who are born on April 1, 2020, or who are still in the hospital on this date.

  • カリフォルニア州国勢調査局は、計数困難(HTC)集団に焦点を当てた、しっかりと組織化されたアウトリーチとコミュニケーションの取り組みを支援しています。
  • 国勢調査局は、郡、地方自治体、部族の行政組織、地域および州全体のコミュニティベースの組織、教育、およびその他のセクターと協力しています。
  • コミュニケーションの取り組みによって、カリフォルニア州民が個人情報保護について認識するようサポートし、誤報を払拭することを目指しています。

  • 怪しげな要求に気を付けることが非常に重要です。
  • USCBは決して以下のことを要求しません:
    • 調査票記入のための料金
    • 社会保障番号
    • 財務的な情報
  • USCBの現場職員は、常に有効な国勢調査局IDを掲示します。国勢調査局の職員検索に名前を入力するか、カリフォルニア州地域事務局に連絡することで、USCBの職員であることを確認できます。
  • 連邦当局員になりすますことは連邦犯罪であり、この法律に違反する者は例外なく投獄の対象となります。

  • アメリカ合衆国国勢調査局(USCB)は、収集する個人情報はいかなるものでも保護し、秘密保持をするよう、法律により義務付けられています。
  • 米国国勢調査局は合衆国法典第13編に従う義務があります。これらの法律は、国勢調査局に職務の権限を与えるだけでなく、国勢調査によって個人や企業から収集される情報を強力に保護することを規定しています。
  • 米国国勢調査局は統計を作成するために回答を使用します。
  • 個人情報が収集時に公開されることはありません。72年後以降は、国立公文書館によって歴史的な目的で公開される場合があります。氏名、住所(GPS座標を含む)、社会保障番号、電話番号など、個人または企業を識別できる個人情報を開示または公開することは法律に違反しています
  • 回答は、法律の執行を目的に使用したり、政府からの福祉に対する個人の受給資格を判断するために使用することはできません。
  • 個人情報は、移民法を執行する目的で回答者に対し使用することはできません。
  • 米国国勢調査局の局員は、守秘義務の宣誓をしています。データへのアクセスが可能である全員が、個人情報の保護を終身誓約しており、生涯にわたり、この法律に違反した場合には罰則が適用されることを認識しています。
  • 統計上の目的以外で機密性を侵害したり、情報を共有したりすることは、重大な連邦犯罪となります。この法律に違反した場合は例外なく厳罰に処され、最高5年までの連邦懲役刑、または25万ドルの罰金、もしくはその両方が課されます。

 

オンライン詐欺被害の予防

フィッシング詐欺は、誰かがあなたの信頼する団体のふりをしてあなたの情報を取得しようとする犯罪行為です。フィッシングメールは多くの場合、不正プログラムに感染している可能性のある本物そっくりな偽物のウェブサイトにあなたを誘導しようとします。

国勢調査局は、2020年国勢調査への参加を要求する迷惑メールを送信することは決してありません。さらに、国勢調査局は2020年国勢調査の間、以下の情報を要求することは絶対にありません。

  • あなたの社会保障番号
  • あなたの銀行口座やクレジットカード番号などの財務的な情報
  • 金銭や寄付

また、国勢調査局が政治団体の代表としてあなたに接触することはありません。

自宅での安全対策

2020年国勢調査の回答を収集するために誰かがあなたの家を訪れたら、次のような手段でその人物の身元確認を行うことができます。

  • その人物が顔写真、米国商務省の透かし、有効期限が記載された有効なIDバッジを所有していることを確認してください。
  • まだ相手の身元について疑問がある場合は、800-923-8282にお電話の上、地域の国勢調査局係員にご相談ください。
  • 国勢調査局スタッフディレクトリにて局員の連絡先情報を検索して、身元を確認することもできます– https://www.census.gov/cgi-bin/main/email.cgi

詐欺の疑いを報告する

詐欺の疑いがあった場合、米国国勢調査局カリフォルニア州地域事務所(213-314-6500またはフリーダイヤル800-923-8282)までお電話の上、地域の国勢調査局係員にお話しください。あなたの家を訪問した人物が国勢調査局の関係者でないと判断される場合は、地元の警察署にお知らせください。

米国国勢調査局の現地スタッフは、常に有効な国勢調査局IDを掲示します。このIDには顔写真、米国商務省の透かし、有効期限が記載されています。米国国勢調査局は決して以下のようなものを要求しません。

  • 調査票記入のための料金
  • 社会保障番号
  • 銀行口座やクレジットカード番号などの財務的な情報

米国国勢調査局の局員であることを確認するには、国勢調査局スタッフサーチに名前を入力するか、カリフォルニア州地域事務所(213-314-6500またはフリーダイヤル800-923-8282)までお電話でお問い合わせください。さらに、国勢調査局スタッフディレクトリにて局員の連絡先情報を検索して、身元を確認することもできます – https://www.census.gov/cgi-bin/main/email.cgi

連邦当局員になりすますことは連邦犯罪であり、この法律に違反する者は誰でも懲役の対象となります。

  • カリフォルニア州国勢調査局は、計数困難(HTC)集団に焦点を当てた、しっかりと組織化されたアウトリーチとコミュニケーションの取り組みを支援しています。
  • 国勢調査局は、郡、地方自治体、部族の行政組織、地域および州全体のコミュニティベースの組織、教育、およびその他のセクターと協力して、計数困難のカリフォルニア住民への働きかけを行います。
  • コミュニケーションの取り組みによって、カリフォルニア州民が個人情報保護について認識するようサポートし、誤報を払拭することを目指しています。

2020年国勢調査では、個人の市民権の有無に関する質問は含まれません。移民ステータスにかかわらず、すべての人が特定の基本的な権利を有しています。調査員による訪問調査に不安がある方は、他の参加方法をお選びいただけます。自宅から安心してオンラインまたは電話で回答することができますし、これらの回答方法はコミュニティが運営する支援センターからも利用可能です。国勢調査には必ず回答してください。未回答の方には、米国国勢調査局による未回答世帯追跡調査が行われる可能性が高くなります。2020年3月12日より、全世帯に2020年国勢調査へのオンライン回答に関する案内が郵送されます。あなたの参加が不可欠です。そして、あなたの情報は守られます。

大統領令により現行の法律で許可されている以上の情報共有が生じることはありません。あなたの情報は機密情報として保護されます。大統領令では、連邦および州の情報源から収集された情報を「特定の個人に対する移民執行措置をもたらすために使用することはできず、使用するべきではない」と定められています。

2019年1月 ~ 3月: 米国国勢調査局は地域国勢調査局事務所39か所を開設し、住所の巡回確認を支援します。

2019年6月 ~ 9月: 国勢調査局は残る209か所の地域国勢調査事務所を開設し、国勢調査実施のために働く全国の国勢調査員を支援および管理します。

2019年8月: 国勢調査局は現地での巡回住所確認を実施します。国勢調査員が近年住宅が加わった、または住宅がなくなった地域を訪問し、国勢調査局の住所リストを最新の状態にします。

2020年1月: 国勢調査局はアラスカの遠隔地域における人口調査を開始します

2020年4月1日: この日までに各世帯に2020年国勢調査への参加案内が送られます。案内を受け取った各世帯は、オンライン、郵送、電話の3種類の方法から選んで回答します。この日は回答の締切日ではなく、国勢調査票の回答に含める人を判断する日です(例: 4月1日にどこに居住しているか、家族は何人か等)。

2020年4月: 国勢調査員が特定のカレッジと大学近辺の世帯に対する追跡調査を開始します。また、国勢調査員は品質検査の評価の実施を開始します。

2020年5月: 国勢調査局は未回答世帯のフォローアップを開始します

2020年12月: 国勢調査局は議席数配分のための人口を大統領に送付します。

注意: 2019年秋から2020年夏にかけて、カリフォルニア州ではパートナー組織が最も計数困難なコミュニティにて、調査に含まれることの重要性について認識を高めるための働きかけと啓蒙活動を行います。

1月から4月にかけて、カリフォルニア州民に対し国勢調査への参加の促進を図るための呼びかけが行われます。特に自己回答期間である3月中旬から4月下旬までは、国勢調査の回答率の増加が見られます。

ご質問は?

Potter The Otter